.

契約店舗でいずれもの所有カードが使用可能なのではありません。■クレカの加入店舗は多くのクレジットカードの運営会社と契約していますが一切のショップで一切の種類のクレカが決済できるのではありません。一例をあげると旧態然とした加盟店の場合だとJCBのロゴの書いてあるそのカードしか切れない場合もあるし、今日のお店ではVISAとマスターといった名前の書いたクレジットカードだけしか切れない場面もあるでしょう。銀聯といったカード会社ならもっと切れない店舗が多いでしょう。何のロゴの所有クレカが使えるかいかにして判断すると良いのか「ならばいかにして何のブランドのクレジットカードが決済可能かというのを見分けるといいの?」といってみてもきちんとしたことを知るためにはショップの従業員に確認してみるほかないていうのが実のところその回答です。ただ大部分の店やショッピングモールには加盟店のドアのところとかに決済可能なクレジットカード会社のブランドが入っている加盟ステッカーが付けられているから、「そっかあそこの店はアメリカンエキスプレスカードが決済できるのね」という感じに分かりやすいようにされてるため心配しないようにしていただきたい。しかしながら、ちゃんと案内が行き届いていない加盟店の場合にはシールが掲示されているお店でも「当店舗ではそのクレカはお受けいたしかねます」といったような返答をもらう場合もあるため頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。そこで、可能な限りは十分な数の加入店でクレカが有効であるようにしようとすると、異なるロゴ(欧米圏のブランド)がある一般的なVISAカード、マスターカードダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、ライフカード、などのカードを2、3枚財布に入れておくようにしたほうがいいでしょう(例:UCカードをいつも使っているならその次はディスカバーカード付属のクレカを持つ等)。特に国内使用のみなら、VISA、マスターカード、JCBの3つの契約が書かれているクレカを常に財布に入れておけばおおよそ全国の契約店舗でどれかしらのカードを提示するよう準備できていることになります。カードを使いこなして効率的にマイル取得を目指すならば、言うまでもないがそれぞれのクレカを申し込んでおいて損はないでしょう。

Copyright (c) 2000 www.reweavingamerica.com All Rights Reserved.