.

現金化を目的として新幹線の旅券の類を大量購入する:クレジットカードショッピング枠のキャッシュ化というもの使用しないで、自身で換金目的をもってカードで決済をすることでも同じです。

現金化するのを目的としているクレジットカードショッピングについては、カードの規約違反に繋がってしまうからです。

複数枚の新幹線のチケットの他切手販売におけるカード決済では、場合によっては現金化が目的では?などというように睨まれてしまう可能性などもありますので十分気をつけることが大切です。

すでにキャッシング枠というものが限度になっている場合列車等の旅券などを決済することにトライするだけでクレジット発行会社の方から電話が来るということもあり得るから、経済状態が悪い時の利用については出来なくされている模様。

資金に困った時において企てることは皆一緒であるのです。

カードの発行会社の立場からみて都合の悪い利用法をする●以前話題に上がった『永久不滅』のように、クレジット発行会社にとって全くメリットになり得ない不正な利用方法を行った場合には、クレジットカード発行会社から強制退会という扱いになる事実がある。

ネット上に出回った購入ポイントの不正な搾取等の一般には流通していない秘密の手段などというものがある場合でも、このような行為については規定に反する行為となるので絶対に使わないようにして頂きたいと思います。

没収に関する情報は他のカード会社も知りうる・・・カードを没収させられてしまっても他の会社のクレジットカードについては使えるから、1枚くらいはいいのではないか?と思っいる人はこの時代の情報流通社会ではその考え方は命取りになる危険もあるでしょう。

なぜかと言うと、失効させられてしまうケースにはカード発行会社から問い合わせ可能な個人信用情報機関というものへ強制退会のカード情報が記録されてしまうことによって利用者の信用情報がガタ落ちとなる可能性があるためです。

保有する1枚であったとしてもクレカを失効となってしまうとその他のクレカであっても審査が厳しくなるし、更には別の所持しているクレカを失効扱いとなる場合もなくはないでしょう。

運良く継続して使用できる際でも使用期限切れになると継続できなくなることもあるでしょう。

兎にも角にもしつこく記載していますが強制失効という扱いになってしまうほどの利用方法は絶対なさることのないようにルールを守ってカードを使って頂きたいと思う。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.reweavingamerica.com All Rights Reserved.